香美市の活性化を図る|萩野義和の香美市を元気にする会

高齢者が安心して暮らせる子供の声がいっぱい聞こえる市にする!

香美市の活性化を図る

観光対策

香美市の活性化を図る。

香美市は8の字型観光地となっております。奥の別府峡・西熊渓谷から国道と県道で大栃で交わり、また国道と県道で神母ノ木で結ばれている。その両足として龍河洞・と秦山公園等がある。途中に笹渓谷、轟の滝、大荒れの滝、御在所山、アンパンマン等がある。
距離にして100キロ余りです。これの活性化を図り徳島からの観光客を195号を経て香美市へ引っ張る。徳島県は高知県より県外からの観光客が圧倒的に多い。その徳島に来た観光客を1日伸ばして龍河洞まで回っていただく。その対策をとります。
土佐山田町商店街活性化を図る。 土佐山田商店街をあっと驚くワクワク感のある街にしなければなりません。まず都市計画内の市街化区域内の電柱の撤去、商店街・195号沿いを優先的に。電柱の撤去は経済対策よりは災害時の安全対策ですが、これを撤去して通りを広げるためもあります。商店街の西町線から東町の郵便局あたりまで「くねくね道路」にして広い場所で日曜市を開く、歩行者天国とする。現在の場所での日曜市持続は難しいいと思われます。電柱の撤去は県庁所在地は何処でもやっていることですが高知県の梼原町、宿毛市、四万十市、安芸市が行っております。商店街活性化ではあくまで地元の賛同がなければできません。行政は取りまとめをする必要があります。その推進を図ります。
龍河洞地区の活性化 落ち込みがひどすぎます。
この活性化も急務ですが龍河洞保存会所有ですので密な検討・費用負担等を行う必要があります。

アンパンマン周辺の活性化 自然公園、大川上神社、美良布商店街の活性化の推進を図ります。

物部町の旧大栃駅からライダーまでの活性化を図る 奥物部物産館を駐車場を増やし「道の駅」にする。
大栃診療所を総合病院化する(少なくとも入院可能病院とする)大栃橋の完成に合わせ賑わいのあるゾーンとする。

土佐山田駅の整備 土佐山田駅の南北の交通、ホーム内の階段対策等の推進を図ります。

PageTop