萩野義和の香美市を元気にする会

萩野義和の香美市を元気にする会
はぎのが香美市を元気にする

香美市復活をはかります!

香美市復活をはかります!

政府は地方創生と大きく政策表現をしておりますが、実際何もしません。建前(選挙対策)だけです。
TPP交渉を見ても地方は切り捨てです。農業は成り立たなくなります。30年後には田も畑も荒れ放題、雑草と雑木林になり、人の住まない家屋がその中に埋もれることになるでしょう。山田の町も空き家でいっぱいになるでしょう。
香美市は自ら復活するしか道はありません!香美市を再生し新たな道を開くためには政策・その実施がなければ落ち込んでいくだけです。私はささやかかもしれませんが故郷を活気がありワクワク感のある市に復活する為、職を辞し帰郷いたしました。

政策

1、高齢者が安心して暮らせる市にします。

対策として見守りサービス・医療や介護施設の種類と数を整えるとともに、真の生き甲斐を感じられるようにはかります

2、仕事があり、活気や刺激のある元気な市にします。

香美市には龍河洞はじめ観光資源が沢山あります。観光客を増やしそれに関連するサービス業の活性化をはかり雇用を生みだします。また森林があります。林業の復活をはかり豊かさと雇用を生み出します。

3、子供・大人・農家の人・会社員の人・公務員・みんなが安全な市にします。

香美市は南海トラフ範囲に含まれ、震度6程度の地震が今後30年間に70〜80パーセントの確率で起きると予測されています。私は一級建築士として東北地震の復旧工事を1年半行ってきました。そこで見たものは家族を失い、家を失い呆然としている方々でした。香美市でそのようなことを見ることはできません。

4、議員数・議員報酬の削減をはかります。

人口26,400人の市に対して議員数20人は多すぎます。人数削減と報酬を12年前に戻します。浮いた予算は(1)高齢者対策(2)子育て支援(3)農林業支援等元気な市にするために使用いたします。

PageTop